読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

言葉は悪いが・・・・

 レベニューマネジメントのベースの考え方にあるのは、
「価格の決定者は、売り主である」
という至って単純な理念だ。

企業経営は、
成熟市場の中では、商品戦略だけで成り立たなくなっている。
やれCSRだの、コンプライアンスだの、
社会との係り方も、非常に大きな企業価値となっているからだ。


そんな中で、
いま宿泊産業では、レベニューマネジメント、
すなわち収益管理という手法が主流になっている。

とくに東京や大阪のビジネスホテルは極端だ。
残業してタクシーに乗るんだったら、泊まった方が安いので、
よく近くのホテルに泊まったものだ。
4000円もあればなんとか泊まれたが、
今では8000円は下らない。

そう、ホテルやレンタカーや飛行機など、価格が極端に違う。
空間サービスや装置産業などは
この収益管理手法を駆使することで収益を伸ばしている。

以前より温泉旅館は、正月やお盆は価格を高く設定して、
そこで最大の収益を出すという手法だ。
今では、むしろもっと細分化した需要を見極めて、
一日の間でも価格をその時々で変動させ、最大化を図っている。

先日、家に帰れずに泊まった地方都市の狭いビジネスH。
8000円の宿泊代にちょっと・・・
色んな要素があり、一元的な見方はダメなんですが、
「足もとを見やがって、がめついホテルやっ・・・!」
というのが正直な感想。

でした。

 

ホスピタリティー産業のレベニュー・マネージメント

ホスピタリティー産業のレベニュー・マネージメント

 

 


旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/