読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

「おもてなし」を輸出する

「加賀屋」は和倉温泉の代表旅館というよりも、
すでに日本を代表する温泉旅館です。
台湾に合弁会社を立ち上げて、日本旅館の海外進出も果たしています。

 

f:id:bakkyy:20160103150154j:plain


そのときの記事に、オーナーは

「おもてなし」を輸出するのだ。

というコメントを残していた。

今でこそ「おもてなし」がもてはやされているが、
東京オリンピック誘致活動がはじまる数年も前の事である。

もし、この考え方を、
加賀屋以外の温泉旅館のオーナーが発信しても、
だれも鼻にかけないだろうし、
負債の多い温泉旅行業界の中で、
銀行の融資もままならないでしょう。

しかし、おそらく、「加賀屋」だから言えることでもあり、
「加賀屋」だからできる輸出だったと言える。

これも加賀屋が持っている、絶対的なサービスに対しての自身と、
一般に認知された「日本一」というブランドイメージがなせる事です。

そう、
これがまず一つ目のブランド要素。
すなわち、

「おもてなし」と言えば「加賀屋」という認知

と言う事である。

加賀屋 笑顔で気働き ―女将が育んだ「おもてなし」の真髄

加賀屋 笑顔で気働き ―女将が育んだ「おもてなし」の真髄

 
京都・祇園 最上のおもてなしに学ぶ「心づかい」の基本

京都・祇園 最上のおもてなしに学ぶ「心づかい」の基本

 

 
温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/