読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

家族経営企業の従業員ロイヤルティはあるのか?

日本人の95%は温泉を「好き」と答えるようだ。

これは、赤ちゃんのときから湯船につけられ、
子供時代には毎日風呂に入って過ごして来た。
生活の一部となっているので、風呂はなくてはならない。

なので、マーケットとしては、
デモグラフィックな分類はほぼ無意味で、
サイコグラフィックな分類でも95%をカバーできる
非常に巨大マーケットになる。
(ちょっと乱暴ですが・・・)

温泉旅館の業界は、
そんなマーケットに全国の至る所で、
山のように事業者がひしめき合っている業界でもある。



長い歴史の中で代々世襲が続き、家族経営してきた温泉旅館も多い。
会社の形態はどうであれ、
家族経営というのは、
そこで働く従業員のモチベーションやロイヤルティを
ほんとにオーナーがきっちりと絆としてつないでおかないと、
非常に危険な状態になる。

大きな組織であれば、責任と権限を委譲し、
マネジメント階層を設けて組織管理をしていくことは可能だ。

しかし小さな組織、特に旅館のように小さな組織であれば、
オーナーがすべてに目が届くので、
なおさらオーナーとの人間関係に比重がおかれてしまう。

そう考えた場合に、
家族経営している企業は、資本と執行が同一であり、
完全なるオーナー企業が多いため、従業員の権限はほとんど無い。

つまり、オーナーの胸先三寸ですべての物事がきまってしまうのだから、
会社に対してのロイヤルティは生まれようがない。


お客様を思う気持ちや、接客の醍醐味や感謝されるやりがいなど、
仕事に対してのロイヤルティが高い従業員は多いだろう。
しかし、会社に対して真にロイヤルティを持っている従業員は
正直なところ非常に少ないと思う。

 

 

同族経営はなぜ3代で潰れるのか? ファミリービジネス経営論

同族経営はなぜ3代で潰れるのか? ファミリービジネス経営論

 

 

 

温泉旅館の販促パートナー

ホーム - jcamellia ページ!