読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

タイムラグで大損をすることになる。

一般生活者は、プライベートな飲食店や旅館の予約をいつするのだろうか?

大きなモチベーションがあって需要が最大になる日、
正月やお盆、若年層であればさらにクリスマスやバレンタインデー、
温泉旅館では、これに土曜や休前日も加わる。

そう言った需要の強い日は、その日そこに行く事が目的になるので、
早くから予約をする。

しかし、平日、しかもあまり知名度もない一般的な旅館であれば、
大抵は、当日でも予約できるので1週間も前であればまず予約は可能だ。



宿泊産業は、部屋を稼働させる事が
最も分かりやすい指標であるため、
直前であっても部屋が空いているのであれば、
安い金額で泊める事もある。

しかし、ちょっと待って。
部屋の需要をある程度は知っておかないと、損をする事になる。

強い需要があると判らずに、安い価格で打ったり、
全く需要のない時期に高い価格で販売し、
見向きもされないまま当日を迎えてロスする。

インターネットの普及、
そしてじゃらん楽天などのネットエージェントなどが、
国内旅行の販売のあり方を変えてしまった結果、
宿泊当日であっても、
空き部屋情報がリアルタイムで把握でき、
その場で予約できる環境になった。
そのため、
ますます予約のリードタイムを読む事が非常に難しくなって来ている。

裏を返せば、そこを読み違えると、大きな取り漏れが生じる事になる。
予約日と宿泊日の関係を1年くらい見て行けば、
あなたの旅館や飲食店での傾向が出てくることになり、
タイムラグを抹殺して行けることも可能だ。

 

ホスピタリティー産業のレベニュー・マネージメント

ホスピタリティー産業のレベニュー・マネージメント

 

 



温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/