読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

マナー悪い客も、サービスの一部。

個人的にもよく温泉旅館で「くつろぎ」を楽しんだりします。

しかし最近では・・・・

個室の夕食会場であっても、時折響き渡る、中国語。
バイキング会場であっても、ひときわ声の大きい一団。

平気で割り込んで来る親子・・・・
まわりに配慮のない動きや会話をする中国人は目立っている。

 


こういった、マナーのない行動に遭遇すると、
相手がたとえ日本人であっても気分が萎えてしまう。

昨今取り入れている旅館も多いが、
バイキング形式なら、そこは気兼ねなく、と思いきや
こう言ったひときわ声の大きな会話は、日本人にとっての限度を超えているだろう。

一方、提供する旅館側にとっては、
なじみ客が、逃げて行く事も考えてしまう。
しかし大口の中国人団体は商売的には無視できないし・・・
と思う向きも多い。

そう思った時には、
自館がどういった旅館なのかを良く考えてみる事だ。

いわゆる3C分析や、SWOT分析をするのが判りやすい。

もし、自館の強みが、「寛ぎ」「懐石料理」「癒し」など静的な部分が
際立っているのであれば、
中国人団体は決して受け入れてはだめでしょう。

一方で、
「快活さ」や「アクティブさ」「繁華街や観光地に近い」など、
動的な部分であれば、
逆に外国人にも人気の宿として戦略を作り直すのも良い。
年間2000万人もの外国人が来ている今だからそ、
変革のチャンスでもある。

いずれ、

一人の顧客の目線から言えば、
他の宿泊客も、「施設の一部」であり
「サービス」を享受する環境の一部である事に変わりないのだ。

 

 


温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/