読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

ワン・トゥ・ワン

宿泊産業だけに限らず、
あらゆる業界の多くの会社で、
消費者、ユーザー、利用者、お客様、顧客から、
色んなクレームが日々寄せられている。

宿泊産業は、一回のサービスにおいての時間的な拘束が長いので、        サービス業の中でもそのクレームの種類が多岐にわたる。

料理がまずい、
部屋が汚い、
風呂がいっぱいだ、
ゲーム機が故障している、
隣の部屋がうるさい、・・・・

お客様の利用目的によって、その期待値も違うため、
そのクレームのレベルもまちまち。

利用の不満を、クレームとして直接施設に伝えて頂くことは、
非常に有効な情報として活用でき、
日頃気付かなかった点等もあり、改善に役立てられる。



しかし、ネットエージェントの口コミは、
必ずしもそうではない。

利用者からの感想を集約して行く事で、
その施設のサービス品質やレベルを見える化し、
お客様が価値判断しやすい環境を作っている。

そのため、
お客様に取っては、購買時の判断材料が増えることになり
有効に活用できるが、
施設側にとっては、非常に取り扱いにくいものだ。

その口コミの信憑性を明確に担保するものはないので、
場合によっては「風評被害」もでてくることもある。

そのため、宿泊産業ではどこまで顧客情報を入手できるのか、
と言う事が重要になって来る。

宿泊履歴や消費金額、お客様の料理の好みや、病歴、
家族構成や、利用動機など、
あらかじめ多くの情報があれば、
事前に、お客様なりの対応が可能になる。

ワントゥワンのマーケティングを実践すれば、
あらゆる面で効率化でき、収益強化にもつながって行く。


温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/