読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

「交通事故死」よりも多い「入浴時死亡」

あるWEBサイトでの数値によると、
2014年に、交通事故で死亡したのは4373人だったのに対して、
入浴中での死亡は、14000人を超えたようだ。

交通事故のリスクよりも入浴のリスクの方が高い、
という衝撃の数値だ。
事実、
温泉でも、かなりの死亡事故がある。



当然とまでは言わないが、温泉旅館での夕食時のアルコールはつきもの。
そこにきて
ただでさえ寒い浴場は、冬場は特に気温の差がかなり大きくなるため、
血圧の変化が大きくなり、死亡リスクは高くなる。

宴会も多い。
さらに、
多くのお客様は、お年寄りを始めとした年配層なので、
ただでさえ健康に不安のある人も多い。

こうなれば、
冬場は温泉の入り方に寄っては、死亡のリスクは俄然高くなる。

そんな事は旅館側としては当然判ってはいることだ。


多くのお客様は、「自分は大丈夫」だと思っており、
危険である事を知っていたとしても、
自ら行動を変えることはなかなかしない。

旅館はサービス業でもあるので、
お客様の体の調子を気遣う事が精一杯だろう。

ならば、
大浴場に掲示物で、注意喚起と言う事になるのだが、
またそんなもので、風情が壊れてるのもあまりうれしい物ではない。

だからと言う訳ではないが、
チェックインや部屋案内、客室への挨拶など、
お客様と最初にタッチする時に、
必ずインフォメーションしておく事が重要で、
そう言った時間を惜しんでいては、
温泉旅館での入浴時死亡リスクは低減させることはできない。

命を預かる商売として最低限の「もてなし」の一部かと考える。

 

 

 



温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/