読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

競争するには限度がある

近年は、政策としての規制緩和が進み、
もとからの競争社会がより激し環境になっている。

先に起こったバス事故もそう言った競争の中での必然かもしれない。
競争の中で生き残って行くために、
「安全管理」
というもっとも重要で、
もっともコストのかかる部分を削減し、
低コストでの競争を生き抜いていた会社だからこそ、
起こるべくして起こった事故だと
考えざるを得ない。


競争の中で起こる「イノベーション」は本来、
より高いレベルの商品を生み出して行くが、
その反面、経済効率に合わない物は、
市場から去って行く。

そう言った中で一昨年に会社法が改正されて以来、
より簡単に会社を興せるようになったことで、
多くの起業家が生まれている。

しかし、その存続は非常に難しく5年の間に6割が廃業するという説もある。
実は、その実態はそんな物ではなく、
「起業」は届け出るが「廃業」はそのまま放置されているケースが多いため、
実態としてはそれ以上の廃業と見た方が正しい。

大きな市場に、大きな投資で、大きくマーケティングされれば、
同じ市場で個人レベルで戦う会社は、堪った物ではない。
同じ土俵には立つには相当の覚悟と自信が必要だ。

なので、戦い方をよく考える必要がある。

家族経営をしており、まだまだ現役でがんばる
という高齢の温泉旅館のオーナーと、
大資本を武器に大きくのしかかる大型旅館の社長とでは、
戦い方も違う、


どこで競争するのか、
何を武器に戦うのか、
どうやって戦うのか、
を考えなければ、いろんな競争に巻き込まれ、
競争しないまま廃業してしまうことにもなりかねない。

まずは
戦っている市場を知る事から始めるべきだ。

 

女性の人生ゲームで勝つ方法

女性の人生ゲームで勝つ方法

 
戦わずして中国に勝つ方法

戦わずして中国に勝つ方法

 
DVD プロから学ぶ短期売買で勝つ方法~デイトレーディングのすべてがわかる!~

DVD プロから学ぶ短期売買で勝つ方法~デイトレーディングのすべてがわかる!~

 



温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/