読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

キャンセルの対策として有効なのは?

予約産業にキャンセルはつきものだ。

特に宿泊産業においては、
日々、10~30%程度のキャンセルが発生する。
そのため、部屋稼働を最大化するためには、
キャンセル率を見込んでオーバーブックをしておく事も
時として必要な戦略となる事もある。

正月休みのように圧倒的な需要が強い時期においては、
キャンセルがあった所で需要もあるので、
空室で終わるリスクは少ない。

しかし、平日や閑散期などの低い稼動の時期であれば、
キャンセルは単純の稼動を下げてしまうので、
できるだけオーバーブックしてでも予約をキープしたいところだ。

キャンセルが出ないこともあるので、
その場合、お客様の了承の上でキャンセル待ちという事になるのだが、
実際は直前連絡で対応できるお客様はさほど多くはない。

ましてや地方の温泉旅館では、
多くは、閑散期のオーバーブックできるような環境にはないため、
結局キャンセルは、そのリスクをカバーできる手段はないのが実情だ。






しかし対策が無いと言う事ではない。

対処的に見れば、
すぐに集客できるチャネル対策を講じる事や、
外部への営業活動などである程度の急場の対応は可能。

しかし、あくまで短期的であるため抜本的な解消にはならないため、
長期的な視点で考えるのであれば、
自社を強いブランドにする事と、
どこまで顧客を囲い込めるのか、が大きな戦略となる。


オーバーブックで対応できるほど、
供給の強い日はさほど多くはない。
なので、日頃からの顧客との良好な関係性を築いて行く事が
ブランド力となり、多くのリスクを回避できるチャンスを生む事になる。

ブランド力は、
顧客とのコミュニケーションによって成立しており、
それが良好であればブランド強化ができるのです。

そのブランド力を高めて行く事が
集客を高めて行くのはもちろん、
キャンセルの対策効果としても非常に強い戦略である。


温泉旅館のブランディングの事なら、
温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/