読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅館 バンザイ!

世界に誇れる「温泉旅館」にしたい!

温泉旅館のブランディング

ビジネスホテルやシティホテルなどに比べ、

宿泊に「温泉入浴」というサービスがあるので、
同じ宿泊産業とは言っても、商品が全く違い、
利用する目的も動機も違います。

多くのハイスペックな温泉旅館での
サービスの捉え方としてよく耳にするのが、
「お客様の旅行は、予約の電話一本からサービスが始まっている。」
つまり、
商品は、予約電話から提供する事になる、とおっしゃるケースが多い。
確かにそうで、電話の応対、予約ページの案内、その操作のしやすさ、
などすべてが商品です。


しかしお客様の視点になれば、
その商品としての「予約行動」の前に、
「どんな旅館なのか」「そこは自分に合っているのか」
などの情報の部分や、
その旅館の持っているイメージなども参考にして
旅館を選ぶ事になります。

と言う事は、
「予約」に入るまでのあらゆる情報も
商品と考えるべきです。

これは、
いわゆるブランドマーケティングの分野ですが、
歴史のある温泉旅館や
成功を収めている施設のオーナーさんは、
自社のサービスに対しての「こだわり」や「想い」が極めて強く、
「こう、あらねばならない!」と考えられています。

商品を考えるとき、
お客様が「お金を払う範囲」から「お金を払うまでの行動」
という視点に立つと、
より新しいサービスが生まれるかもしれません。

 

 

この1冊ですべてわかる ブランディングの基本

この1冊ですべてわかる ブランディングの基本

 
小さな会社のブランド戦略

小さな会社のブランド戦略

 

 



温泉旅館の販促パートナー
http://jcamellia.jimdo.com/